ポイントサイトのFX案件で簡単にガンガン稼げます。

ポイ活 FX やり方 日常

ポイントサイトのハピタスやPoint Income(ポイントインカム)、それからアフィリエイトサイトのA8.netなどにあるセルフバックには、FX口座の開設&取引で「○○ポイントゲット!」といった案件がよく出てきます。

高還元の案件が多いので、取り組みたい方も多いと思いますが、FXというと「損してしまうのではないか」「結構な入金が必要?」「どの通貨で取引すれば良いの?」などと色々考えてしまって、なかなか手を出しづらいものです。

僕もそうだったのですが、いくつかの案件をやっていくうちにたった1万円の入金(後から出金可能)と取引で簡単にポイントをゲットできることが分かってきたので、その方法を紹介します。

実際に取引をするので多少の損失は発生してしまいますが、大量にゲットできるポイントで余裕で相殺できます。

スポンサーリンク

FX案件について

多くのFX案件は、

  • 新規口座開設
  • 申し込み後○日以内に入金
  • ○ロット(万通貨)以上の新規取引完了

これらを満たす必要があります。

新規口座開設は手元にマイナンバーカードを準備して、ささっと終わらせましょう。

入金+取引完了までの期限は1~2ヶ月に設定されていることが多いです。

ロット数の条件は様々ですが、少なければ少ないほど取引の回数は少なくて済むのでラクです。

ロット数ではなく「通貨」で指定されていることもありますが、1ロット=1千通貨 or 1万通貨となっているので意味合いとしては同じです。

この条件を提示されただけでは、FX初心者にはよく分からないと思いますが、案件を2,3件やってみると慣れます。

FX案件では、1万円分以上のポイントがもらえることも少なくないです。

個人的には5,000円分以上のポイントがもらえるのであればガンガン活用してもいいのではないかと思っています。

僕がよく使っているポイントサイトはハピタスです。

獲得したハピタスポイントはPontaポイントに交換して、SBI証券での投資信託購入に充てています。

ポイ活との相性が良くて勝手に資産が増えていきますよ。

スポンサーリンク

事前に確認すべき点

次に、FX案件をクリアするために、事前に確認しておいた方が良いポイントをお伝えします。

  1. 自動売買ではないか?
  2. MXN・ZAR・TRYは対象か?
  3. 新規のみか往復か?

1つずつ簡単に説明します。

1.自動売買ではないか?

FX案件の中には、自動売買システムを使った取引がポイント獲得の条件となっているものがあります。

トライオート、トラリピ、ループイフダン、シストレなどといったワードが入っていると思います。

これらは自分で取引できないうえに、10万以上の入金が必要だったりするので、ポイ活では手を出さないほうが良いです。(興味があればやってみればいいと思いますが。)

スポンサーリンク

2.MXN・ZAR・TRYは対象か?

これらは通貨の名前で、MXN=メキシコ・ペソ、ZAR=南アフリカ・ランド、TRY=トルコ・リラです。

これらの通貨はかなり安い(いずれも2024年2月現在で10円以下)ため、レバレッジを効かせることで入金額1万円でも多くのロット(通貨)を一度でトレードでき、超簡単に案件をクリアできるのです。

ここでレバレッジについて説明しておきます。

「レバレッジを効かせる」というのは、入金額を超えた取引することで、日本のFX口座では25倍まで効かせることができます。

例えば、USドル(1ドル=120円とする)を1ロット(1万通貨)取引する場合で見てみます。

レバレッジなし⇒120円×1万通貨=120万円の資金が必要

レバレッジ25倍⇒120万円×1/25(4%)=4万8千円の資金で済む

といった具合です。

ポイント獲得条件として、MXN・ZAR・TRYの取引が対象外にされていることもあるので、事前に条件をよく読んでおきましょう。

スポンサーリンク

3.新規のみか往復か?

FXの取引というのは株と同じで、買った後には決済の売りがあります。

ポイント獲得の条件となっているロット(通貨)数は、「新規買(または売)」のみカウントされる【新規のみ】なのか、「返済売(または買)」もカウントされる【往復】もOKなのか、を事前に知っておく必要があります。

往復OKだとより簡単に終わります。

スポンサーリンク

取引方法

口座開設~入金までは簡単だと思うので、1万円を入金した後どうすれば良いのか説明していきます。

ちなみに、入金には楽天銀行のようなネット銀行がとても便利です。

こういったネット銀行の口座もポイントサイトを経由してお得に作りましょう。

①MXN・ZAR・TRYが認められている場合

「MXN・ZAR・TRYの取引は対象外」といった内容が書かれていない場合は、これらのいずれかを使っての取引がおすすめです。

例えば1MXN=8円、1ロット=1万通貨、レバレッジ25倍とすると、1ロットの取引は、8円×1万通貨×1/25=3,200円で済みます。

これなら3ロット(3万通貨)で取引しても良いですし、入金を5,000円にしても大丈夫です。

もしポイント獲得条件が「合計10ロット以上の取引(新規のみ)」となっているのであれば、取引数が10ロットに達するまで「新規買い」と「買建玉一括決済」を交互に繰り返し押せば完了です。(下図の黄色チェック⇒水色チェックを繰り返す)

FX ポイ活

取引画面(一例)

手数料、スプレッド、相場変動によって、1回の取引あたり数円~数十円程度の損失は発生しますが、この後大量のポイントが入ることを考えると全然痛くありません。

スポンサーリンク

②MXN・ZAR・TRYが認められていない場合

上記3通貨での取引がNGであれば、PLN=ポーランド・ズロチでの取引を検討します。

1PLN=35円、1ロット=1万通貨、レバレッジ25倍とすると、1ロットの取引は、35円×1万通貨×1/25=14,000円となります。

入金した1万円を超えてしまいましたが、この場合は0.5ロットでの取引にします。

すると、1回あたりの取引は7,000円あればOKということになります。

上記3通貨に比べると、ポイント獲得条件に到達するまでの取引回数が増えることになりますが、条件はクリアできます。

PLNの取り扱いがない場合は、NZD=ニュージーランド・ドルでの取引が良いかと思います。

1NYD=90円、1ロット=1万通貨、レバレッジ25倍とすると、1ロットの取引は、90円×1万通貨×1/25=36,000円となります。

こちらもPLNと同じように考えて1万円以内に収めようとすると、0.2ロットの取引で7,200円が最適です。

獲得条件が「20ロット(20万通貨)以上の取引」となっている場合は、100回の取引が必要ですが、「新規買い」と「買建玉一括決済」をポチポチするだけですので、5分もあれば終わります。

スポンサーリンク

取引後に確認すべき点

取引自体は「これだけ?」と思うぐらいすぐに終わってしまうのですが、念のためポイントを確実にもらうために確認すべきことを2つほど挙げておきます。

  1. 報告書による取引数量
  2. 出金のタイミング

1つずつ少し説明を加えておきます。

1.報告書による取引数量

実際にポイント獲得条件を満たせているかどうか、FX口座の報告書を見て確認します。

FX ポイ活

期間損益報告書(一例)

上図は、とあるFX口座の期間損益報告書ですが、20万通貨の取引が完了していることが分かります。

また、この取引では約1,400円の損失が発生していることも分かります。(取引回数は100回だったので1回あたり約14円の損失)

この案件では16,500円分のポイントを獲得できたので、実質15,000円ぐらいは儲かったということです。

時給換算で3万円ぐらいにはなりそうです。

おいしいですよね?

スポンサーリンク

2.出金のタイミング

入金したお金は、今後FX取引を行うつもりがないのであれば出金しても大丈夫なのですが、出金するタイミングはポイント獲得の条件をしっかりと読んでおく必要があります。

ポイント【却下】条件として「ポイント獲得までに出金した場合」と書かれていることがよくあります。

一度出金してしまうと取り返しがつかないので、慎重にいきましょう。

僕は念のため、どの案件でもポイント獲得後に出金しています。

ポイント獲得までは1ヶ月以上かかったりすることもあり、その間入金したお金はFX口座に拘束されてしまいます。

その程度は余裕がある時に案件に取り組みましょう。

スポンサーリンク

まとめ

ハピタスなどのポイントサイトによくあるFX案件は、1万円の入金で大量のポイントゲットが見込めます。

取引におすすめ通貨は、①MXN(メキシコ・ペソ)・ZAR(南アフリカ・ランド)・TRY(トルコ・リラ)、②PLN(ポーランド・ズロチ)、③NZD(ニュージーランド・ドル)です。(もちろんその他の通貨でもOKですが効率が悪くなります。)

仕事終わりのスキマ時間でも簡単にお小遣い稼ぎができてしまうので、是非挑戦してみてください。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました